HOME > about SPARCO

スパルコについて

[ The'70s ]
1977年、スパルコはラリー競技に人一倍の情熱を燃やすE.GloriosoとA.Parisiの出会いにより創設されました。
初プロジェクトの一つは、ドライバー用の不燃性プロテクトスーツを作り出す事でした。
当時のメンバー達は冒険に向かうかの如く、レース毎に夢を膨らませていったのです。
[ The'80s ]
1983年、スパルコはランチアのオフィシャルサプライヤーとしてWRCで初勝利を収め、F1グランプリでもオフィシャルサプライヤーであるブラバムの N.Picquetと共にワールドタイトルを勝ち取りました。
この成功を期にスパルコは事業拡大を決意し、多くのモータースポーツ競技ユーザーへ向けたプロダクト展開を開始しました。
[ The'90s ]
スパルコの望みはサーキットに於いて、そのリーダーシップを印象付ける事でした。
さらにスパルコは、短期間内に競合企業の羨望の的となるべく商品カタログを作り上げ、この分野の中核へと成長し始めました。
[ 2000 ]
スパルコは国際規定と認証によって保証された品質に適用する、真のグローバルカンパニーになるためのニーズを見越していました。
ISO 9002の認証取得は、ほぼ家族経営の事業から、真の多国籍企業へと変貌する重要な経営転換(マネージメントチェンジ)への第一歩を意味します。
[ 2001 ]
スパルコはカーボンファイバーの応用に関する技術とノウハウを習得しました。
取引関係はイタリアや海外のトップメーカーで構成されます。
限定で特別なシリーズのスーパーカーは、基本部品と装備に関して重要な役割を担うスパルコと共に誕生しました。
[ 2003~ ]
スパルコはモトGPとスーパーバイクの多様なチームと親密な関係を持ち始め、そのチームへ向けたアクセサリーに関する一連の製造に乗り出しました。
またレジャー関連のスポーツウエアと、彼ら技術者の集まりにより優れた競技用ハイトップの技術を取り入れたフットウエアにも着手し、グローバルブランドネームとして今日に至っています。


トップへ戻る